· 

水素とは?

水素にはカラダをサビつかせる悪玉活性酸素の退治を
サポートする抗酸化力があります。

水素には体を錆つかせる「悪様活性酸素」を退治する力があります。主にはこれを「抗酸化力」とも言いますが、抗酸化パワーを持つ物質にはポリフェノール、ビタミン、カテキン、フラボノイドなどが代表的ではありますが活性酸素にアプローチするには大量に摂取する必要があり、現実的ではありません。そこで、最近では最も小さな元素であり効率の良い抗酸化パワーを持つ「水素」が注目を集めています。水素は悪玉活性酸素のみに反応し、無害な水へ変えてくれます。

活性酸素が発生する理由


呼吸をすることで酸素を取り入れなければ、人は生きていけません。 呼吸により取り込まれる酸素のうち約2%は活性酸素であると言われています。

活性酸素が発生する理由は、エネルギーの生成にカギがあります。細胞の中にある「ミトコンドリア」は、呼吸(酸素)・食事などから取り入れた「糖」を元にエネルギーを生成することで、私たちは活動できます。このエネルギーを生成される際に 副産物としてつくられるのが“活性酸素”です。つまり、人が活動する限り活性酸素は発生し続けるのです。

ミトコンドリアとは


人の身体は60兆個を超える細胞から成り、細胞1つ1つにミトコンドリアが存在しています。ミトコンドリアは食事からとった栄養や、呼吸により得た酸素で人間に必要なエネルギーをつくり出しますが、同時に活性酸素を発生させてしまいます。(上記)水素には、悪玉活性酸素を除去するだけでなくミトコンドリアを活性化させるとも言われています。


活性酸素の種類


活性酸素は、体に良い働きをする「善玉活性酸素」、体に悪い働きをする「悪玉活性酸素」の2種類。 「善玉活性酸素」はウイルスや細菌を退治、血管をつくる拡張する等、身体に必要な働きします。一方、「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」は、細胞・DNA・ミトコンドリアなどを傷つけてしまいます。この傷つけられた細胞たちは、修復をしようとしますが、活性酸素が大量に発生してしまったり、体力の低下により修復が間に合わなくなると「老化」という形で体に表れると言われています。

善玉活性酸素 ウイルスや細菌を退治、血管をつくる拡張する等、身体に必要な働きをする。
悪玉活性酸素 細胞・DNA・ミトコンドリアなどを傷つける。
 
   

悪玉活性酸素の発生原因


悪玉活性酸素の発生する原因にはこのような項目と関係があると言われています。

紫外線 ストレス たばこ
激しい運動 食品添加物 化学物質
アルコール 睡眠不足 排気ガス
 
   

水素は悪玉活性酸素を退治します


体を活性酸素から守るには「抗酸化」が有効です。「抗酸化作用」を持つ代表的な物質は「ビタミンC」ですが、十分な効果を発揮するには大量摂取しなければならず現実的ではありません。今日では「水素」が最も効率の良い抗酸化物質と言われています。その理由は「悪玉活性酸素のみに効果を発揮する」からです。

体に入った水素は悪玉活性酸素と結びつき、無害な水として体外へ排出させます。また水素は最も小さい元素なので、異物を受け付けない部位でも入ることができます。